犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vo.5/17 20180901-20180910

Old Dog床ずれ・褥瘡
スポンサーリンク

前の記事

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.4/17 20180821-20180831
スタッフ犬の左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。今回はキズクイックパッドで閉鎖湿潤療法を試してみています。

前回はキズクイックパッドで閉鎖療法を…と試してみました。

今回は無理に閉鎖療法をしなくてもよいという考えに至りました。床ずれの傷口は大きな変化はありません。

スポンサーリンク

2018/09/06(木)

夜中に北海道で震度6強の大きな地震が発生した模様。※後に震度7に修正

床ずれの傷口は大きな変化はなし。

20180906患部(グロ注意)
bedsores_20180906_40_k

穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材で処置。

2018/09/07(金)

床ずれの傷口は大きな変化はなし。

20180907患部(グロ注意)
bedsores_20180907_41_k

穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材で処置。

2018/09/08(土)

床ずれの傷口は大きな変化はなし。

20180908患部(グロ注意)
bedsores_20180908_42_k

穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材で処置。

2018/09/09(日)

床ずれの傷口は大きな変化はなし。

20180909患部(グロ注意)
bedsores_20180909_43_k

穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材で処置。

2018/09/10(月)

抱っこして動物病院へ。獣医さんで定期診察。毎日撮っている写真を見せてお話を伺いました。

獣医さん曰く、「傷口が白っぽくなってしまうとそれ以上治らないが、今御所赤っぽいので大丈夫」とのこと。

20180910患部(グロ注意)
bedsores_20180910_44_k

穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材で処置。

爪切りと足の裏の毛をバリカンがけ。

 

次の記事

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.6/17 20180911-20180920
スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。 床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。

完治したのでまとめました。

犬の褥瘡(床ずれ)治療 【完治しました】 20190103
16歳のスタッフ犬が寝たきり状態になり左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。半年位以上に及ぶ湿潤療法・ラップ療法を試して完治しましたのでまとめました。

コメント