犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.11/17 20181101-20181110

Old Dog床ずれ・褥瘡
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

2018/11/06(火)

左腰

20181106患部(グロ注意)
bedsores_20181106_100_k

滲出液は漏れていなかったが、傷の様子を見るためにデュオアクティブET+テガダームを貼替え。

左肩

剥がれかけていたので優肌パーミエイドをに貼替え。

2018/11/07(水)

左腰

一見滲出液がないようなくらい少なくなってきた。

20181107患部(グロ注意)
bedsores_20181107_101

デュオアクティブET+テガダームのまま貼替えなし。

左肩

優肌パーミエイドのまま貼替えなし。

2018/11/08(木)

左腰

滲出液が少ない。初めて二日間貼りっぱなしに。

20181108患部(グロ注意)
bedsores_20181108_102

デュオアクティブET+テガダームのまま貼替えなし。

左肩

優肌パーミエイドのまま貼替えなし。

 

2018/11/09(金)

左腰

滲出液が漏れそうになっていた。でも初めて2日間交換なし。

20181109患部(グロ注意)
bedsores_20181109_103_k

デュオアクティブET+テガダームを貼替え。

左肩

優肌パーミエイドのまま貼替えなし。

2018/11/10(土)

左腰

20181110患部(グロ注意)
bedsores_20181110_104

デュオアクティブET+テガダームのまま貼替えなし。

左肩

優肌パーミエイドのまま貼替えなし。

 

次の記事

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.12/17 20181111-20181120
スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。 床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。

完治したのでまとめました。

犬の褥瘡(床ずれ)治療 【完治しました】 20190103
16歳のスタッフ犬が寝たきり状態になり左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。半年位以上に及ぶ湿潤療法・ラップ療法を試して完治しましたのでまとめました。

コメント