高齢犬・老犬 介護

床ずれ・褥瘡

犬の床ずれ・褥瘡の治療・予防 老犬(中型犬)の体位変換

中型の老犬(ボーダー・コリー ♀ 16歳)の床ずれ予防、治療。重要なもののひとつである体位変換の方法、時間などについて。
高齢犬・老犬 介護

スタッフ犬(老犬)が餌を食べなくなって流動食になった話

16歳になる犬が一昨日までは粘土状にした餌を食べていましたが、ついにそれを食べなくなりました。流動食を作ってシリンジで口に入れると食べてくれましたので、手順などをメモしておきます。
床ずれ・褥瘡

【完治】スタッフ犬の床ずれ・褥瘡治療についてまとめた記事を公開

昨年、夏に寝たきりになったスタッフ犬(16歳 ボーダー・コリー ♀)に床ずれができてしまいました。半年以上になった治療についてまとめた記事をようやく公開することができました。
スポンサーリンク
床ずれ・褥瘡

コスパ最強!? ズイコウハイドロコロイド包帯を使ってみた

うっかり包丁で中指を削いでしまったので、創傷被覆材のうちハイドロコロイドドレッシング材で最安と思われるズイコウハイドロコロイド包帯を使ってみました。
ペットグッズ

ジェックス ピュアクリスタル カートリッジ式ドリンクボウル

以前老犬のための給水器選びをしましたが、先日発見したジェックス ピュアクリスタル カートリッジ式ドリンクボウルはサークル・ケージに固定して高さ調節ができ、軟水フィルターが付いていました。下部尿路疾患の心配がある子には予防・健康維持のためによいかも。
床ずれ・褥瘡

スタッフ犬(老犬)にまた発赤・紅斑ができてしまいました

寝たきりになってしまったスタッフ犬(ボーダー・コリー 16歳)の左肩に床ずれ・褥瘡の初期状態である発赤・紅斑ができてしまいました。デュオアクティブETで処置をした経過をまとめます。
高齢犬・老犬 介護

スタッフ犬(老犬)が自発的に餌を食べなっくなった話

16歳になる犬が自発的に餌を食べることができなくなりました。横になって状態を起こした上体で口に入れれば食べることが出来るので、手順をメモしておきます。
ペットグッズ

犬の上半身用介護ハーネスを自作してみた

ボーダー・コリー16歳のために型紙付きの本を参考にして介護ハーネスを自作しました。
床ずれ・褥瘡

犬の褥瘡(床ずれ)治療 【完治しました】 20190103

16歳のスタッフ犬が寝たきり状態になり左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。半年位以上に及ぶ湿潤療法・ラップ療法を試して完治しましたのでまとめました。
床ずれ・褥瘡

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.17/17 2019101-20190103

スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。 床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。
スポンサーリンク