XAMPPでMacにテストサーバ環境を作る

XAMPP Mac Downloadサーバ
スポンサーリンク

長らくお世話になってきたL.H.X.(Linkclub)からホスティングサービスを変更しようと思い立ちましたが、作ったホームページを自力で移行できるかどうかという心配がありましたので、MacBookにXAMPPでテスト環境を作ってみることにしました。
以前はMacOS Xのweb共有機能をオンにしてMySQLも自分でインストールして…とやっていたのですが手間がかかりすぎます(汗)

スポンサーリンク

環境

  • MacBook 13-inch Aluminum Late2008
  • OS X 10.11.6 El Capitan
  • メモリ 8GB

XAMPPのインストール

公式サイトからOS X向けXAMPPをダウンロードする。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

メニューダウンロード>OS X 向け

XAMPP Mac Download

使用するサーバーのphpバージョンに合わせてダウンロードします。細かいバージョンはわからないけどColorfulBoxがphp7.2に対応しているので。

他のphpバージョンは[その他のダウンロード]をクリックする。

(https://sourceforge.net/projects/xampp/files/ に飛ぶ)

最新のXAMPP for macOSはXAMPP-VM(バーチャルマシン)なのですが、設定が面倒臭そうなので今回は旧タイプの方をセレクトし、上から三番目のxampp-osx-7.2.14-0-installer.dmgをダウンロードしました。

ダウンロードしたdmgを解凍

dmgファイルを解答して中のXAMPP.appをダブルクリックして開き、セットアップウィザードに従っていく。ただし途中チェックボックスの操作をする。

  • Bitnami for XAMPPのチェックを外す。

XAMPP-Mac-setup2.png

終わるとアプリケーションフォルダにXAMPPフォルダが出来上がっている。XAMPPの起動はmanager-osx.appをダブルクリックすることになる。

 

XAMMPの設定

VirtualHostで複数のサーバー環境を作る

デフォルトではルートディレクトリが/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocsになっているので、せっかく「サイト」フォルダがあるのでそこへ変更する。

さらに、必要かもしれないので複数のサーバー用にホストとディレクトリを分ける設定をします。今回はLHX用、ColorfulBox用、XAMPP用と作ってみる。

(サーバソフトのバージョンを割り振るとかいうわけではないけど、分けておいたほうが便利なので)

httpd-vhosts.confを編集する

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.confを念の為複製しておく。

エディタを開き作りたいホストに合わせて編集追記する。

<VirtualHost *:80>
ServerAdmin webmaster@dummy-host2.example.com
DocumentRoot "/Users/ユーザー名/Sites/lhx-dummy"
ServerAlias mb13.lhx_dummy.com
ServerName lhx-dummy
ErrorLog "logs/lhx-dummy-error_log"
CustomLog "logs/lhx-dummy-access_log" common
</VirtualHost>

 

localhostも追加

<VirtualHost *:80>
ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
DocumentRoot "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs"
ServerName localhost
ErrorLog "logs/localhost-error_log"
CustomLog "logs/localhost_log" common
</VirtualHost>

ついでになにか使うかもしれないので/Applications/XAMPP/xamppfiles/docs/に「dummy-host.example.com」というフォルダを作っておく。

 

httpd.comfを編集する

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.comnfを念の為http.confを複製しておく。

httpd.comfのファイル情報を操作して “読み/書き” 出来るように変更しておく。

http-vhost.confが読み込まれるように設定する

エディタで開き該当箇所の#を削除してhttpd-vhosts.confが読み込まれるようにする。

変更前

# Virtual hosts
#Include etc/extra/httpd-vhosts.conf

変更後

# Virtual hosts
Include etc/extra/httpd-vhosts.conf
サイトディレクトリのアクセス権を変更する

以下を追加する。

<Directory "/Users/masa_ono/Sites">
AllowOverride All
Require all granted
Apacheの設定変更

Apacheの実行ユーザを端末ユーザーに変更する。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.confを下記の通り編集する。

User 端末ユーザー名
Group admin

hostsファイルの編集

MacのHostsファイルを書き換える方法はいろいろあるのですが、Hosts.prefpaneというアプリをインストールしてシステム環境設定から設定してしまいます。

Hosts.prefpaneのインストール

公式サイトからダウンロードしてきたpkgでインストールします。

https://permanentmarkers.nl/software.html
システム環境設定でhostsを編集

システム環境設定にHosts.prefpaneができているのでクリックする。

Hosts.prefpane

必要なホスト名を 127.0.0.1 で追加する。

Hosts.prefpane

MySQLの設定変更

念の為MySQLの管理者パスワードを変更しておく

ターミナルで次のコマンドを入力すると新しいパスワードを要求されるので入力する。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysqladmin --user=root password

入力したパスワードをphpMyAdminの初期設定ファイル「/Applications/XAMPP/xamppfiles/phpmyadmin/config.inc.php」に反映する。

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'MySQL管理者パスワード';

ProFTPDの設定変更

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/proftpd.confを下記の通り編集する。

# Set the user and group that the server normally runs at.
User 端末ユーザー名
Group admin

最後に

Macを再起動する(XAMPPの再起動でいいかもしれないけど)。

多分これでできたはず。

いずれXAMPP-VMもチャレンジしたい。

つづいて今までL.H.X.で可動していたWordPressやXOOPSをXAMPPに復元してみる。

XAMPPでMacBookに作ったテストサーバにWordPressを復元してみる
前回XAMPPでMacにテストサーバ環境を作りました。 今回はこのXAMPPでMacに作ったテストサーバにホスティングサービスで公開していたWordPressを復元してみます。 ホスティングサービスのWordpressをバッ...

 

XOOPSの復元については

XOOPSをクリーンインストールすることは出来るのだけど、L.H.X.で可動していたXOOPSをXAMPPに復元してみたがエラーがたくさん出てちょっと無理っぽい。

phpバージョンを変更できるColorfulBoxではphp5.6に復元できたが、php7以上にするとやはりエラーが出てログインできないので諦めよう…。

サーバ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Masaをフォローする
スポンサーリンク
Pet Dog Education (CB3)

コメント