ペティオ(Petoio)の老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用Kを使ってみました

足の弱った犬高齢犬・老犬 介護
スポンサーリンク

前庭疾患の眼振発作を起こして以降、右後ろ足の自由が効かなくなり歩行が困難になってしまいました。
それでもなるべく立たせてあげたいのでペティオ(Petoio)の老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用Kを購入して使ってみました。

スポンサーリンク

特徴

  • 足腰に負担の少ない形状:面で支えるので愛犬にかかる力を分散する
  • 装着簡単:面ファスナーとプラスチックバックルで簡単に装着できる
  • オス、メスともに装着したままでも排泄が可能
  • 内側には通気性抗菌メッシュ素材を使用
  • 手洗いが可能、速乾性
  • 持ち手ベルトの長さは調節可能

装着方法

オス・メス共用ですが、装着したまま排泄ができるように前後で形状が異なっています。

切れ込みのある側をオスは前に、メスは後ろにして装着します。

Petio Care Harness Hind Legs Outside

外側

Petio Care Harness Hind Legs Inside

内側

両足を通して腰をピッタリと包み、面ファスナーで固定して更にプラスチックバックルで止めて締め付けを調整します。

持ち手ベルトの長さを調節します。

使用感

ペティオ(Petoio)の老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用を購入するまではお腹の下にタオルを通して下半身を支えていましたが安定せず、とくに排泄のときなどはフラフラとしていました。やはり流石に市販品ですね。タオルとは雲泥の差がある安定感で支える方も安心して補助できました。

汚してしまったときにはぬるま湯で手洗いして陰干しします。タオルなどで水分をよく拭い取ってから陰干しをすると思ったよりも早く乾くので助かりました。それでも連続して汚されることがありましたので洗い替えがあると安心ですね。

Petio Care Harness Hind Legs Use

ちょっと困った点…

  • オス・メス共用だからか、腰回りのバックルは思った位置にフィットしなかった
  • それ故、バランスを崩すとすっぽり抜けることがあった
  • テープがあたって擦れるらしく、犬の足の付根(タップ部分)が擦り切れてしまった
  • 面ファスナーが内側のメッシュ素材を痛める
  • 半年ほどでパイピング部分からほつれてきてしまった

まとめ

ペティオ(Petoio)の老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用はかなり安価で入手できる介護ハーネスです。

汚してして洗った時も割と早く乾くのですが、排泄の失敗をするようになったら2〜3枚の洗い替えを用意すると安心です。

サイズもS,M,L,2L,3Lと用意されており、小型犬から大型犬までをカバーしています。

購入の際には適応犬種は当てにせずサイズは実測し他方が良いです。ボーダー・コリーは適応では2Lですが実測してLサイズを購入しました。それでも老犬はどんどん筋肉が落ちていくのですぐにぶかぶかになってしまいました。

使用の際には犬がバランスを崩さないように最新の注意が必要です(どの介護ハーネスでも同じだと思いますが)。

足の付け根部分が擦り切れる可能性があるのでその部分に過剰に体重がかからないように注意するか、キルティングクッションなど(DIYが必要ですね…)を当てて保護が必要になる。

洗濯などの際に特に面ファスナーが他の部分の生地を痛めるのですが、別に面ファスナー材を貼り付けて保護をしてから洗濯をすると良いと思います。

半年ほどでかなり傷みましたが毎日使用して何度も洗っているので妥当かもしれません。お安いので新しいのを買いましょう。

 

コメント