久しぶりに龍角散ののどすっきりタブレットを入手できた

ひとりごと
この記事は約2分で読めます。

昨年秋、新百合ヶ丘駅構内のOdakyuOXで購入して以来どこにも売っていなかったあの商品。

また最近龍角散ののどすっきりタブレットのCMを見るようになりました。
https://youtu.be/Em1KBdywlbE

そして今回は近所のツルハドラッグにも入荷していました!

スポンサーリンク

特徴

「龍角散のハーブパウダー」を練り込んだタブレットに、キシリトール、清涼感が広がるマイクロビーズ、うるおい成分ウォータリングフレーバーを配合。

引用:https://www.ryukakusan.co.jp/promotion7

容量・成分・大きさ

龍角散ののどすっきりタブレット パッケージ裏面

原材料名:ハーブパウダー/ソルビトール、甘味料(キシリトール)、香料、ショ糖エステル、ベニバナ黄色素

内容量:10.4g

原材料には含まれていませんが、「卵・小麦・入成分を含む製品と共通の設備で製造しています」とのこと。アレルギーのある方に注意が必要ですね。

栄養成分表示(1袋10.4gあたり)

エネルギー31.6kcal
タンパク質0.01g
脂質0.16g
炭水化物9.83g
一糖類0g
食塩相当量0g
キシリトール0.3g

 

大きさをアサヒビール食品のMINTIAと比較してみた。

龍角散ののどすっきりタブレット大きさ

パッケージは袋とケースの違いはあれど2倍。

タブレット自体も少し大きかった。

実際の味

パッケージにはハニーレモン味とあるが、龍角散ハーブの味が結構強いのでハニーレモン感は少ない。口に入れると唾液の分泌が多くなる気がするが、「ウォータリングフレーバー」と「清涼感広がるマイクロビーズ」の効果だろうか。

まとめ

喉が弱く頻繁に痛めるわたしは常に龍角散のど飴を口に入れているような状態でした(扁桃腺を切除してからかなりよくなりましたが)。小さな飴とはいえやはりカロリーが気になるので、シュガーレスは高評価です。
しかも小さなタブレットなので口に入っていても他の人からはわかりにくいのはいいですね。いざという時は噛み砕くか、飲み込んでしまえばよい…。

袋ではなくてミントタブレットの様なケース販売か、すてきな専用ケースを販売してくれるといいな。
惜しむらくは入手しづらいこと。生産が追いつかないのだろうか…。

探し回るならネットで買ったほうが早いか。

再び:久しぶりに龍角散ののどすっきりタブレットを入手できた
テレビでCMをやっているし、ツイッターの広告にもバンバン流れてくるのに、相変わらず入手しづらい【龍角散ののど飴タブレット】。 久しぶりに入手しました^^ なんと前回から半年以上ぶり。 今回は、新百合ヶ丘のセ...

コメント