犬の床ずれ・褥瘡の治療・予防 伏せの姿勢を保持する

Old Dog床ずれ・褥瘡
スポンサーリンク

ちょと配慮が足りなかったために床ずれができてしまいました。

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.1/17 20180726-20180728
16歳になったボーダー・コリー。ちょっと油断をしていたら床ずれ・褥瘡ができてしまいました。治療について日記的に記していきたいと思います。 湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。

獣医さんから新しい褥瘡を作らないためにも「伏せの姿勢をさせてください」と言われました。

筋力が低下したからでしょうか、最近は四肢を伸ばして横になっていることが多かったのです。

スポンサーリンク

クッションで支える

伏せの姿勢をさせてもパタンと横に倒れてしまいますので両側から支えてあげなくてはなりません。

我が家では大きくて重いクッション(中材パイプ)がありましたので、これで犬の体を両側から挟み込みました。

prone position 1 prone position 2

褥瘡のできていない右側を下にするポジションとこの伏せの姿勢を2〜3時間ごとに入れ替えます。

 

市販のクッションも選択肢

コメント