犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.4/17 20180821-20180831

Old Dog床ずれ・褥瘡
スポンサーリンク

はじめに

スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。

床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。

使用したアイテムなどについては他のエントリーにまとめて随時リンクを更新する予定です。

※エントリー中のリンク先にもグロい画像があることが多いのでご注意ください。

※エントリーの内容については独自の評価・判断に基づいて処置しており、これらを参考にして起こった事故等の責任を当方で負うことはできませんのでご了承ください。

※内容は逐次更新をしております。ご了承ください。

前の記事

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.3/17 20180811-20180820
スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。 床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。

このエントリでは傷の変化は殆どありません。ハイドロコロイドドレッシング材のキズクイックパッドを試してみています。

のちのち勉強してわかりましたがこれだけ滲出液が多い場合は閉鎖性湿潤療法ではなくて開放性湿潤療法のほうがいいそうです。
床ずれ・褥瘡治療
床ずれ・褥瘡治療の参考になるリンクと参考図書 只今加筆中です 湿潤療法(モイストケア) なつい式湿潤療法® プラスモイストによる治療例(フローチャート) ラップ療法(登録商標) 京都逓信病院 湿...
スポンサーリンク

2018/08/21(火)

20180821患部(グロ注意)

bedsores_20180821_24_k

bedsores_20180821 キズクイックパッドで処置

キズクイックパッドで処置してみた

 

もう一度キズクイックパッドを試してみる。滲出液が漏れてしまったときのことを考えて更に母乳パッドを当てておいた。

2018/08/22(水)

朝起きたら横になったまま排便をしていたので処理。朝の食餌あと立たせて排尿後にふたたび横になったまま排便。処理した後に立たせて水を飲ませたら残りの排便。バタバタの朝だった。

夜、昨夜処置したキズクイックパッドだが、やっぱり滲出液が漏れてしまった。

201808322患部(グロ注意)
bedsores_20180822 キズクイックパッド

キズクイックパッドは一晩で漏れてしまった

bedsores_20180822_25_k

とりあえず、ワセリンを塗って穴開き水切り袋+母乳パッドの自作ドレッシング材による処置に戻した。

穴開き水切り袋と母乳パッドで作るドレッシング材(創傷被覆材)
母乳パッドと水切り穴あきポリ袋をつかって、床ずれ・褥瘡の治療(ラップ療法、湿潤療法)に使うドレッシング材を作ります。

2018/08/23(木)

夜中の体位変換で伏臥に。明け方右下側臥に体位変換しようと思ったら(自分で足を抜いて)すでになっていた…。

傷口に大きな変化はなし。

20180823患部(グロ注意)

bedsores_20180823_26_k

懲りずにふたたびキズクイックパッドで処置。

2018/08/24(金)

明け方は台風20号の営業で激しい暴風雨だった。

今回もキズクイックパッドから滲出液が漏れてしまった。傷口に大きな変化はなし。

20180824患部(グロ注意)

bedsores_20180824 キズクイックパッド

bedsores_20180824_27_k

毎日交換すれば良いだろうと判断してキズクイックパッドで処置。

2018/08/25(土)

キズクイックパッドを続けてみたが、一日で滲出液が漏れてしまうし、かなりしっかり肌に付いていて剥がすのが痛そうだし、ご覧のように傷口の周りの正常な皮膚の部分が赤くなってしまった。

20180825患部(グロ注意)

bedsores_20180825_28_k

肌荒れが治るまでは穴開き水切り袋+母乳パッドで作ったドレッシング材による処置に変更する。

コメント