犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.9/17 20181011-20181020

Old Dog床ずれ・褥瘡
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018/10/16(金)

左腰

周囲の肌荒れが落ち着いてきました。

20181016患部(グロ注意)

bedsores_20181016_79_k

実際に人間の床ずれを治療されている方からの情報で、処置に病院や老人ホームなどで使用しているデュオアクティブ®ET(ハイドロコロイドドレッシング材)やテガダーム™(フィルム二次ドレッシング材)を試しに入手して使用してみることにしました。

bedsores_20181016

デュオアクティブETの上にテガダームを貼付け

デュオアクティブ®ETを傷口よりも少し大きく切って貼付け、更にちょっと大きめにテガダーム™を切って上から貼り付けました。

滲出液がもれない限り数日間貼りっぱなしにするのでドレッシング材に貼った日付を書いておくと良いそうです。

デュオアクティブ®ETはお試しで1枚から買えました!

左肩

変化がないのでテガダームを貼ったまま。

2018/10/17(土)

一日でデュオアクティブ®ETから滲出液が漏れてしまいましたがテガダーム™のおかげで外までは汚れませんでした。

20181017患部(グロ注意)

bedsores Left shoulder 20181016_1200

bedsores_20181017_80_k

滲出液が外まで漏れないのであればこれでよかろうと、デュオアクティブ®ETテガダーム™で処置しました。

左肩

優肌パーミエイド®に貼替え。

2018/10/18(日)

左腰

滲出液がデュオアクティブ®ETから漏れていました。

20181018患部(グロ注意)
bedsores_20181018_81_k

デュオアクティブ®ETテガダーム™で処置しました。

左肩

優肌パーミエイド®のまま貼替えなし。

2018/10/19(月)

左腰

ギリギリ滲出液がデュオアクティブ®ETから漏れていませんでした。

20181019患部(グロ注意)
bedsores_20181019_82

もう一日そのまま様子を見ます。

左肩

優肌パーミエイド®のまま貼替えなし。

2018/10/20(火)

左肩

20181020患部(グロ注意)
bedsores_20181020_83_k

デュオアクティブ®ETテガダーム™を貼り替えました。

左肩

優肌パーミエイド®を貼り替え。

 

次の記事

犬の褥瘡(床ずれ)治療 Vol.10/17 20181021-20181031
スタッフ犬も16歳となり、寝たきり状態になってしまいました。注意が足らず左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。 床ずれ治療について数日分をまとめた日記を投稿しております。湿潤療法・ラップ療法を試すことになりました。

完治したのでまとめました。

犬の褥瘡(床ずれ)治療 【完治しました】 20190103
16歳のスタッフ犬が寝たきり状態になり左腰に褥瘡(床ずれ)ができてしまいました。半年位以上に及ぶ湿潤療法・ラップ療法を試して完治しましたのでまとめました。

コメント